サイト運営

探偵に調査を依頼するなら、なるべく安い料金で調査をしてくれる探偵を選びたいものです。
探偵の調査料金は、高い場合だと100万円を超える場合もあり、調査はしたくても、料金の高さに依頼をあきらめてしまうという依頼者もしばしば存在します。

探偵に調査を依頼したい時、料金を見て依頼先の探偵を探す人がほとんどだと思います。
でも、料金だけを見ていても、実際に依頼をした時の金額は、違っている場合もあります。

事前に調べていた料金と、調査を依頼してからの見積もりをしてもらった料金が違っている理由の一つに、調査内容の変更があります。
調査内容の変更といっても、大きな変化があるわけではなく、調査時間を数時間延長したり、調査員の人数を増やしたりといったことで、調査にかかる料金は高くなります。

長時間の延長や調査員の人数が調査の途中で増えるというのは珍しいことではありません。

調査をしていると、証拠がなかなかとれなかったり、対象者の移動方法が急に変更になったりして、突発的なアクシデントが発生することがあります。
このアクシデントは、探偵の過失による失敗もありますが、自然に発生してしまうケースもあります。
こうなると、結果的に調査料金が高くなってしまうということもあるのです。

他にも、調査内容を決める段階で、依頼者側が調査員の増員を望んだり、調査時間を長くとって欲しいといった要望によって、料金も高くなります。

ここからわかるのは、依頼者の気持ち次第、判断によって、探偵の料金が違ってくるということです。

安い料金で探偵に調査を依頼したいのであれば、どんな調査が平均的な条件なのか、調査員の人数や時間についてあらかじめ確かめておく必要があります。

PAGETOP